安田芙充央 石井彰
凛-RIN-
POUR-1009
■3,000円(税込)

■JANコード
4571268783531


発売予定2023年1月25日






凛-RIN-

【アーティスト】
安田芙充央 石井彰


ヨーロッパと東京を本拠地に活躍する作曲家・ピアニストの安田芙充央(Fumio Yasuda)が2台ピアノのために新しく作曲したアルバム。
安田芙充央はすでに18枚を数えるアルバムをドイツwinter and winterレーベルで出しており、その先鋭的かつ耽美的な世界はヨーロッパで異彩を放っている。
もう一人のピアニスト石井彰は日野皓正と20年活動を共にし評価を確立。さらに独自の世界を切り開いている天才ジャズピアニスト。
このフィールドの異なる才能のぶつかり合いが非常にスリリングであり、本CDならではの独自で魅力的な世界を作り出している。
例えば、「AMESA for Two Pianos」におけるトッカータと歌謡風メロディからなる緻密なスコアリング、「Prayer to Prayer」に見られる2台のピアノのずれがディレイを産み次元を変えるさま。
「There is always light」の少しブルージーで自由な2台のピアノ。「Second Movement to Ludwig」でのベートーヴェンへの反逆、「Happiness 」のストライド奏法によるスラップスティックな面白さ、「Aria」におけるピアノのカンタービレの美しさなど。
安田芙充央によって緻密に書かれたスコアは2人の個性的なピアニストの手で自由自在に飛翔し、唯一無二のピアニズムを堪能させてくれる。
聴いた後は、まるで一本の上質な映画を見たような感動にうたれる。

◼️曲目

1-AMESA for Two Pianos [6:43]
2-Prayer to Prayer [5:49]
3-Tango for November II [5:26]
4-There is always light [3:00]
5-White [5:24]
6-Song of Nenna [7:36]
7-Second Movement to Ludwig [5:41]
8-Fall of Icarus [4:46]
9-Happiness [2:39]
10- Molle [2:32]
11-Aria [5:44]

◼️DATA

作曲:安田芙充央
ピアノ:安田芙充央、石井彰
プロデューサー : 榎本憲男
レコーディング・エンジニア : 樽岡大志
調律:早川忠光
写真:石井智大
発売元 :POURQUOI LABEL(プルクワ ・レーベル)
録音ホール:かながわアートホール/2022年4月12、13、10月27、28

■使用ピアノ
チャンネル 左チャンネル:安田芙充央(スタインウェイD-274) 右チャンネル:石井彰(YAMAHA CFⅢ)