Akimuse
Vocalsit.Pianist,
Comporser,painter
プロフィール

ピアノ弾き語り、作曲、ガラス絵というそれぞれの分野で独特の世界観をつくりだし、マルチアーティストとして活躍している。

武蔵野音楽大学卒業
2000年 デビューアルバム「Reolima」を徳間ジャパンよりリリース。(アーティスト名:aki)
2005年より写真 荒木経惟氏と音楽 安田芙充央氏の映像作品「ARAKINEMA」にヴォーカルで参加。DVDとして多数リリース。
2007 年 台湾の俊英リー・カンション監督の映画「Help Me Eros」(第64回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)のサウンドトラックにヴォーカルで参加する。
NHK BSハイビジョン特集 「この国を見つめ 新、在日外国人」、「アンデス 聖なる山の祭り」に楽曲提供、ヴォーカル,ピアノを担当。
ルミネのネットムービー、映画「Hero」アドシネ イメージソング「恋する秋見つけた」の作曲、ピアノ、ヴォーカルを担当し、独特なPOPな感覚が評判となる。
2008年 シャネルのクリエイティビティを20組の国際的アーティストが参加するイベント、シャネル「モバイルアート」に出品の荒木経惟作品にヴォーカリストとして抜擢される。
日中合作映画「さくらんぼ 母ときた道」(2007年東京国際映画祭正式招待作品)のエンディングテーマを担当。
2009年 NHK BSハイビジョン特集 「無国籍」のヴォーカルを担当。
2010年7月 NHK BSハイビジョン特集 「北京芸術村 20年目の春 ~中国現代アート作家の肖像~ 」のヴォーカルを担当。

中国映画「Midnight Beating」の主題歌を担当する。中国全土のテレビで放映。
2011年 NHK BS1「エルムンド」生出演。(5/30~6/3)
2011年 インターネットテレビ Scatch.TV レギュラー番組「akimuse quiet time」出演。
2011年 12月 セカンド・アルバム 「akimuse」(RKCJ-2050)をリリース。(ジャケット写真:荒木経惟)
2012年 1月 Stefan Winterプロデュースによる「on the path of death and life」ニューヨーク公演にヴォーカリストとして参加。
5月 音楽:安田芙充央 写真:荒木経惟のコラボレーション「死の先にある生」渋谷ヒカリエ公演にヴォーカリストとして参加。
2013年、ドイツ Winter and Winter レーベルよりCD「 On The Path Of Death And Life 」をリリース。ベースの井野信義とともにヴォーカリストとして参加。
続いて「Mother Goose Melodies : Fumio Yasuda ・Theo Breckmann」にヴォーカリストで参加。両作品とも世界発売される。
2014年 フランス・中国合作映画「Before The Full Moon Returns」(ロングアイランド映画祭(アメリカ/ニューヨーク)公式出品作)のメイン・テーマのヴォーカルを担当。
2015〜16年 NHKBSプレミアム「井浦新アジアハイウェイを行く」のメインテーマ、挿入曲のヴォーカルを担当。
サウンドトラックCD「アジアに吹く風」リリース。
2018年 ステファン・ウィンターのインスタレーション「Poem of Cell」の東京初演(青山・ドイツ文化会館)にヴォーカリストとして参加し、ファニー・ウィンター、ヨアヒム・バーデンホルスト、井野信義、安田芙充央と共演。
2019年 CD「Forest」がドイツ Winter & Winter Recordsよりワールド・リリースされる。
Akimuseはメイン・ヴォーカルで8曲参加、作曲家として新曲「Sounds from the other Side」を提供する。(Cl ヨアヒム・バーデンホルスト,Bass 井野信義.Piano 安田芙充央)
akimuseの歌は、何語でもないaki語という独特なことばで歌われる。
aki語とはakimuseの歌の表現法で、瞬間に生まれることばにならない微妙なニュアンスを、語感の心地よさと声の色彩で伝えている。akimuseはガラス絵作家としても活動しており、2006年7月、日仏現代作家展に入選、東京展「O 美術館」パリ展に出展。
表参道ヒルズ「ギャラリー80」にてアンディ・ウォホール、草間彌生らと共に出展し好評を博すなど、多数個展を開催している。
ガラス絵や映像とのコラボレーションによるコンサートなども多数開催している。

http://www.aki21.com