プロデューサー・プロフィール
安田芙充央


作品は2005年スイスで自身のピアノとバーゼル室内管弦楽団に初演された「ピアノ協奏曲」、名手テオドロ・アンゼロッティをソリストに迎えた「アコーディオン協奏曲」など多数。リーダーアルバムは、独フランクフルターアルゲマイネ紙特選盤に選ばれた「花曲(Kakyoku)」「Charmed with Verdi」など18枚(いずれも独 WINTER & WINTER RECORDS)。
ピアニストとしてはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、Stanser Musiktage 2005(スイス)、シュツットゥガルト室内管弦楽団定期公演などに出演。2014年、ウィーン楽友協会大ホール(Musikverein Vienna, Austria)にてウィーンキュンストラー管弦楽団と自作スコアで共演、絶賛を博す。

2018年、古楽アンサンブルの Forma Antiqvaや Kettwiger Bach ensemble とともに「Poem of a Cell」をスペインで初演、同作はその後ドイツ、フランス、イスラエル、東京で再演された。
映画音楽は、リー・カンション監督「Help Me Eros」(第64回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)、「さくらんぼ 母ときた道」(第20回東京国際映画祭正式招待作品)など国内外から委嘱をうけている。
NHK-BSプレミアム「井浦新 アジアハイウェイを行く」(シリーズ 2015年~2016年)などのサウンドトラックも多数。
式典音楽として皇太子、皇太子妃ご来臨の第20回全国育樹祭式典の総合音楽作曲を担当。(100人の地元児童の自作打楽器合奏と4人のオーケストラ・パーカッショニスト、シンセサイザーによる組曲) 1994年よりムラマツ・オリジナル・シリーズにフルート楽曲の連載を行なっている。(2019年4月時点で通算126曲収録)
プロデューサー及びアレンジャーで関わった国内アーティストは、萩原貴子(フルート)、若林かをり(フルート)、錦織健(テノール)、池松宏(コントラバス)、早川りさこ(ハープ)など多数。 fumioyasuda.com